年頭にあたり

年明けましておめでとうございます。皆様には本年がよいお年であることをお祈りし、変わらぬご厚誼をお願いいたします。

昨年は311日に発生した東北大震災の影響で、被災地はいまだに現状復旧がかなわず、長年住み慣れた土地を離れて新年を迎えなくてはならない方も大勢おられることと思います。一日でも早く復興を願うばかりですし、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。またギリシャに発したヨーロッパ経済危機、タイの洪水、歴史的円高どれをとっても企業にとっては厳しい環境でありました。

弊社は創業5年を経過し6年目に入ろうとしております。過去の5年間は基盤づくりの期間として捉え「フッ素製品の開発と製造販売」、そして「フッ素関連の情報収集、提供およびコンサルティング」という文武両道の基礎作りを行い、それぞれが黒字に推移できるような状況となりました。そしてこれからは企業飛躍の段階に入ろうと目標を掲げました。そのために、組織体制を変え厳しい環境に対応できる体制といたしました。また旧来のフッ素素材にとどまらず新しい素材を組み入れ、複雑化するニーズに対応できるように開発体制を備えました。そして今年は次の柱となる新製品の発売を計画しておりますし、また先端の技術情報収集はより精度を上げていきたいと考えております。

結びに、今年皆様のご発展とご健勝をお祈りいたします。

Comments are closed.