Archive for 3月, 2011

東北地震

水曜日, 3月 30th, 2011

東北地方太平洋沖地震を見て

 3月11日突然襲来の東北地方太平洋沖地震は全てを破壊し、自然の力の恐ろしさをまざまざと見せ付けられた思いがいたします。被災された方々、地方には心よりお見舞いを申し上げるのと、一日でも早い復興をお祈りするばかりです。

 幸い弊社は机の上の書類が散乱する程度で済みましたが、関係会社様の中には物的被害を被られたり、原料や部品調達が滞ったり、電気水道等が停止し操業再開が遅れる会社様もおられたりで、大なり小なり影響を受けておられる会社様も少なくはありませんでした。

 その中で人的被害を受けられたという情報が無かっただけ幸いです。今回の地震、津波はまさに想像を絶する規模であり、膨大なエネルギーが放出されたことは間違いないとは思います。しかし気になることはニュースで盛んに言われた「想定の範囲外」という言葉であります。確かに日本ではマグニチュード9.0という途方もなく大きな規模であったし、津波も15mを超えるものであったようです。確かに過去の歴史はその規模があったとは記録にはないようですが、それを想定外という言葉で終わらせてはならないと思います。今回はいつかまた想定外のことが起こる可能性があることを自然は告知したものと思います。そして今回経験した者はその経験と対処策を後世に伝えていくことが課せられたのではないでしょうか。

 それはどんな小さなことでも良く、震災がおこり直後携帯が全く繋がらず、固定電話やインターネットが意外と役に立ったことや、事務所に置いてあった非常食が地震後のスーパーやコンビニの買い付け騒ぎに巻き込まれず冷静に対応できたこと、こんな小さなことから始めてもいいではないか。微力な弊社を頼りにして頂いている取引先様に非常時でも迷惑をおかけしない危機管理体制を組み上げていくことの必要性を痛感したしました。

 かつて2億年の長い間地球に君臨していた恐竜たちが地球上から消滅したのは各種学説があるようですが、隕石が衝突して起きたことが原因とする説が有力だそうです。もしこれがおきなかったら恐竜時代の後期には大きな脳を持って知能が優れた恐竜が現れていたそうで、場合によってはその子孫が地球を席巻していたかもしれないという想像ができます。

 今の人間社会をそのまま恐竜の時代を当てはめるわけにはいきませんが、少なくとも想定外といって起こるが天災がこれまで構築してきた文化社会を滅亡へさせるシナリオを避けるためにも、この経験とその対処策を蓄積し伝え、そして会社としてもより充実した危機管理体制を作っていきたと思います。今回の天災で悲惨なことを多く見てしまったことは間違いありませんが、それと同時に本当に人間の将来は明るいと感じさせてくれたのは、世界中の人たちが力をあわせて援助を計画し、実行してくれていることです。この気持ちがどんどん広がっていけばきっといい世の中になっていくことは間違いないと感じました。

東京マラソン

木曜日, 3月 10th, 2011

東京の風物詩ともなってきた
東京マラソン。あまりの人気に当選倍率が10倍とかの
噂がたつほどあたるのが難しく、

当初自分が申し込んだときも当たるつもりなどなく
酔った宴席での約束のために申し込んだのだったが、
結果は見事自分だけ当選。

東京の真ん中を走れて、こんなチャンスが次いつ廻ってくるかがわからないので
頑張って完走を目指して走ることとなった。

とはいえ、2年前にも幸運にも10キロの部に出たことがあるものの
マラソンは初めて。どのくらい大変かが全くわからなかったため
走ったことがある人にアドバイスを求めると、
一度30キロは走っておいた方がよいとのこと。

2月末の本番の前に27キロにトライ。
そこで、気付いたのは心肺機能の問題ではなく
20キロを過ぎると足が動かなくなること。
乳首がすれて痛いなどのことがわかった。

そこで、本番に向けて、自分なりに作戦を考えたのは、
5キロおきに設定されている足きりラインをクリアしつつ、
30キロ以降は歩いてでもゴールできる余力を残すため
25キロの目標タイムを3時間半に設定し
ジムのランニングマシンで日々精進をしたのであった。

東京マラソン当日は、例年雨が多いこの大会で
これ以上ない快晴で絶好のランニング日和!
新宿の都庁前を出発し靖国通、外堀通をはしって
見慣れた景色の飯田橋駅を右折。

2年前に10キロの部で出たときは、
いろいろうれしくってついついオーバーペース気味になってしまったり、
給水が嬉しくて、無駄に飲み物を手にしたりしたのだが、
今回は42.195キロの長丁場。落ち着きながら飯田橋を過ぎて
やや過ぎると右手に皇居を見ながら内堀通りを快走。

10キロの部は日比谷公園で終了だが、フルマラソンはココからが本番。
そのまま品川まで行き折り返し、日比谷公園に戻ってきたあたりが
20キロ。ココまでは非常に快調に走ることができて、
設定タイムが2時間45分に対して2時間10分ほどで
通り抜けることができました。

その後は花の銀座の目抜き通りを日本橋まで歩くところは
東京マラソンの中でも一番応援も多く華やかなエリア。
正直かなりしんどかったものの、浜町の25キロまでは何とか走れたものの
その後、浅草の折り返し、折り返しの銀座築地、
そして豊洲まではほとんど歩く感じになってしまいました。

それでもネットタイムで5時間43分で初マラソンを走りきり
ものすごい達成感で一杯です!

本当に嬉しかったのですが、本当にきつかったので、
もうマラソンは引退し、やっぱり登山に戻ろうかと思っています。
次回は社外の人も交えて甲斐駒ケ岳登山も計画しているので
登頂できましたら、またblogにアップしたいと思います!